クリニック開業支援会社探しサイト ・医院開業支援サーチ
クリニック開業支援会社探しサイト ・医院開業支援サーチ
 HOME > 機器、薬剤、卸系の支援会社
開業支援形態の違いは?
支援形態別彼らのメリット

  ・コンサル系

  ・調剤薬局系

  ・金融系 (リース)

  ・建設系

  ・機器,薬剤,卸系

支援業者の選び方
スタート地点のあれこれ
  ・営業所所在地で探す

データベースへの登録は無料です

開業支援業者サーチバナー
バナー設置でDB即登録!
設置後に連絡ください

 

 継続的にバージョンアップや機器の入れ替えをする必要がある医療機器であるレセコンや電子カルテ、X線、内視鏡を納入するため、または薬剤納入をするために開業支援をおこなう。
医療機器はオンラインという観点で見れば同一企業の機器でそろえるのが最もトラブルが無い。そのため、大手医療機器メーカーは科目に合わせた主要機器のほとんどをラインナップに揃え、開業時、またリースアップ時、機器のバージョンアップ時に大きな利益を得る。

そこまでシステマチックな医院を目指さず、アナログにおこなうとしても、レセコン、電子カルテは開業医には欠かせないコストダウンツールであるため、導入をためらうDr.は少ないであろう。それらメーカーも当然ながら自社の機器納入のために開業支援をおこなっている。

医療機器に関する選択肢が狭められてしまうため、支援依頼時にはその条件等を良く確認するべきである。
企業は自社商品での利益を第一としているため、他のサービスについて費用を取らない無料開業支援をおこなっている場合が多い。
医療機器の規模やスペックは自分でよく調べ、大学で使っていたからと高スペックな機器を選定することは避けるべきである。医療機器メーカーはオーバースペックに対するフォローは入れてくれない。途中で入れ替えることになれば、スタッフの教育や出力物の変更に伴った不都合が出てくるものであるだけに慎重な検討が必要である。

広告
ウエルシアの医療モール・メディウエルタウン
福祉・医療コンサルティングの株式会社ネクサス ホームページ
開業支援のヘルスアップ
 HOME | 運営会社 | 広告掲載のお問合せ Copyright (C) 2007 Opening-DR All Rights Reserved.